子連れ新年石垣島旅行、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まってきました。

石垣島旅行1日目は小浜島はいむるぶしに宿泊、2日目3日目はANAインターコンチネンタル石垣リゾートに宿泊しました。

今回はインターコンチのレポートをします。

インターコンチネンタル石垣リゾート、部屋はどんな感じ??

今回タワーウイングの5階のツインに泊まりました。大人2人と子ども6歳と1歳でなので6歳の子は自分のベッドがあてがわれており、さして広くない部屋でしたが、エキストラベッドが詰め込まれていました。

バルコニー付きのオーシャンビューの部屋で景色はとても綺麗です。

アメニティは歯ブラシや、石鹸、ひげそりなど基本的なものが備え付けられていました。

湯沸かしケトルとエスプレッソマシーンもありました。ミニキッチンは狭めです。お酒やお菓子ジュースは置いてありますが有料となります。

お風呂も手狭ですがついています。

全体的にコンパクト。天井付近にほこりが目立つし、ちょっと老朽化している感じが否めないです。廊下にも綿ぼこりが舞っていた、、お正月で人手不足だったのでしょうか。

インターコンチネンタル石垣リゾートは冬の子連れ旅行にいいよ!!

お部屋は案外残念な感じでしたが、冬の石垣島で雨など降ったらやることがなかったりするんです。でも、ここならホテルの中でも結構楽しめます。

室内、屋外プール

ホテルの中には温水プールがあります。屋外のプールもあります。部屋からも眺めることが出来るのですが、雨の日はさすがに入っている人はいませんでした。でも16時ころまでは開いていて入ることができます。ちょっとしたスライダーなどもあり楽しそうです。

屋内にもプールがあり、こちらは利用してきました。

水温はあったかめで、赤ちゃんも水遊び用おむつを利用すれば入ることができます。

更衣室もあります。

浮き輪や、腕にはめる浮き具は自由に使えるように並んでいます。

水は海水を利用しているそうで、なめるとしょっぱい!!

遊具などは特になく、丸いプールの中をゆっくり泳いだり、浮き輪で浮かんだりしていました。

真ん中にジャグジーがあり体を温めてから出ることができます。

なんにもないけれど、子どもたちはそれなりに楽しんでいました。

キッズクラブが利用できます

キッズクラブでは4歳から12歳の子どもたち向けにアクティビティーやプログラムを開催してくれます。

基本子どもを預けて、スタッフさんにみてもらう託児所みたいな感じになります。

お子様を預けている間に、スパにいったり、観光にいったり、ゆっくりしたりという使い方ができます。昼食もキッズランチを用意してくれるので1日お預けすることができます。

私は下の子が1歳なので年齢が対象外のこともあり、一緒に参加しました。

プログラムに参加しなくても、キッズルームのお部屋で、おもちゃなどで遊ぶことができます。沢山のおもちゃ、絵本などがあって、小さい子であれば十分遊べると思います。

6歳のお姉ちゃんは、物を作ったり、絵を描いたりがとても好きなので、こちらでキャンドル作り、シーサー作り、アクセサリー作りなどをしました。

作る物の他にも、晴れていたらプールで遊ぼうや、海の探検ツアー、ゴルフにチャレンジなど運動系のプログラムなどもあります。

あいにく雨だったので制作ざんまいとなりました。

シャコ貝にろうそくを流して星の砂などを飾りつけしたキャンドルは素敵で良い思い出になります。制作系は一回1000円から2000円程度になります。

運動や体験は1500円となります。2回目以降は1000円だそうです。

子連れにうれしいサービスがいっぱい

子連れ旅行ですと、荷物は多いし、子ども自体を抱っこしているから、にっちもさっちも移動が大変ですが、こちらのホテルは、ホテルのエントランスで荷物下ろしたら、車は駐車場まで運んでくれます。帰りも車をエントランスまで持ってきてくれます。

結構地味にうれしいサービスでした。

今回離島などに移動するのに荷物になるので、ベビーカーは持っていかなかったのです。ホテルで相談したところ繁忙期ですが、ベビーカーを借りることができました。かなりの台数をもっているようです。

食事面でも、ビュッフェレストランサンコーストを利用しまして、子どもが好きそうなメニュー豊富にあり、沢山たべてくれました。

キッズプレートやキッズチェアはもちろん、席はビュッフェの手前あたりの取に行きやすい席にしてくれました。

インターコンチネンタル石垣リゾートは、ベビーウェルカムな宿だけに、子ども向けサービスはかなり充実していて子連れにはお勧めのホテルでした。

小浜島はいむるぶしの感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。